創作活動というのは、くじ引きみたいなもの。いつかアイデアと出会う、その日まで。

 

知的労働っていうのは、「くじ引き」みたいなものですよ。

特に無から有を生み出す「創作活動」を中心にしている人にとっては。

 

アイデアがザクザクと出てくる時もあれば、いくら考えても全く出ない時もある。むしろ、後者の方が多い。

 

昨日も外れた。

今日も外れた。

でも、明日も、くじを引く。

 

肝心なことは、くじを引かない限り、「あたり」に巡り会うことはないということ。

 

まぁ、当たり前といえば、当たり前のことですけどね。

 

テクニックも大事ですが、メンタルの方がもっと大事ですな。
気合いというよりも、執念というかね。

 

そんな感じの毎日を過ごしています。書き手というのは。